8月 06

今年も森の里夏祭りに森の里炭焼倶楽部は出店することになった。

涼しいうちにと,早朝6時にタケタケランドに集まって機材の積み込みを始めた。

IMG 0004 IMG 0003

積み込みが終わって,会場に回るとこちらでもすでに準備が始まっていた。タープの設営,ブースの飾り付け,メダカの水槽の準備に焼きトウモロコシの幟の準備だ。

IMG 0009 IMG 0011 IMG 0015 IMG 0016 IMG 0018

小一時間で焼きとうもろこしとブースの飾り付けが終わって,後は祭りの開始を待つばかりだ。ここで一旦解散して16時に集合だ。

IMG 0020 IMG 0021

16時に夏祭りの開催が宣言されて,さっそく焼きとうもろこしの準備に入った。昨年は軍手を2枚重ねても熱くて,莢を剥くのが大変な作業だったそうだ。で,今年はAさんのアイデアを採用することにした。焼きあがったトウモロコシを,まず,穂の根元からちょっと先の部分で茎を切り落とす。そうして芯に竹の割り箸を刺しこむ。割り箸を持って莢を剥ぎ取る,という手順だ。切り落としの容易さ加減ででトウモロコシの焼き具合がチェックできて,莢も簡単に剥くことができた。昨年同様に長い行列ができるほどの盛況さだ。

IMG 0024 IMG 0025 IMG 0030 IMG 0026

ジャムと蚤の市の方にもお客が集まってきた。今年もブラックベリー,ブルーベリーにルバーブジャムだ。昨年のブラックベリージャムは,ちょっと緩くてブラックベリーソースとして売り出したが,今年のブラックベリージャムはしっかりとジャムの硬さだ。

IMG 0033 IMG 0044 IMG 0035

今年もT樋さんの息子さんが飼育して提供してくれたメダカに子ども達が集まっている。無料配布だが,果たしてちゃんと飼育してくれるだろうか?

IMG 0038 IMG 0045

K栗さんとM島さんが作った竹箒も売れているようだ。

IMG 0048

200本用意したトウモロコシも完売して2時間で,早くも,店じまいだ。幟を下ろしてコンロを楽屋裏に下げて,今度は,メンバーのためのトウモロコシを焼き始めた。

IMG 0072 IMG 0049 IMG 0054

お祭り広場では櫓を囲んでので盆踊りが始まった。ベテランのK林さんも優雅に踊っている。和太鼓の演奏もたけなわだ。

IMG 0057 IMG 0064 IMG 0071

我が団地では担ぎ手がなくなって(高齢者ばかりになって)中止になった神輿も森の里では健在だ。

IMG 0066

炭焼倶楽部の宴会が始まった。やっぱり莢付きで焼いたトウモロコシは,水分が適度に保たれているので,なんとも言えない美味しさだ。

IMG 0073 IMG 0077 IMG 0080 IMG 0081

売り上げを計算してみると… サァて幾らになるでしょうか?

IMG 0075

夜の帳が下りてきて祭りも宴会もますます盛んになっていく。

IMG 0084 IMG 0085 IMG 0091

祭り会場でウグイス嬢を務めたM村さんが駆けつけて来た時には宴は終わってしまっていた。美声で啼くウグイスはオスなのに,なぜウグイス嬢っていうんだろう,なんてヨタはダメよ。

IMG 0096

サァてお片付けをしましょうかね。例年なら祭りの最後を飾る花火は,音がうるさい,という苦情(団地内からですヨ?!)が出て今年は中止になったそうだ。何か変じゃない?ともあれ,皆さんお疲れ様でした。次の共同作業日には,お寿司の出前での慰労会だそうですヨ。

IMG 0098

written by Meisterköhler \\ tags: ,

11月 28

先月の10周年記念パーティーでは飲んで,食べて鱈腹になった。今月も地産の食材を使った収穫祭で,再び,鱈腹を目指そう。

宴会に先立って,先週の雨で中止した竹炭焼きを実施しよう。竹炭焼きは,実に,半年ぶりだ。ちょっと遅れてタケタケランドに行ったら,すでにK栗さんと会チョさんが窯に火を入れてくれていた。

IMG 0001

自分は会チョさんと火の番を交代して,会チョさんと数人が竹林の整備に回った。手の空いたメンバーはタケタケランドの整備と収穫祭の準備を分担する。

IMG 0005 IMG 0004 IMG 0009

初冬の空は晴れ渡り小春日和を迎えようとしている。

IMG 0014

買い出しに行っていたA山夫妻が戻ってきて食卓の準備が大詰めを迎えた。

IMG 0013 IMG 0020 IMG 0022

竹炭窯の火の状態も,煙が濃くなってきて順調のようだ。

IMG 0028 IMG 0026 IMG 0023

この時期の食材は,何と言っても,里芋でしょう。芋煮会ですね。

IMG 0050 IMG 0063 IMG 0007 IMG 0031

ミズナとコマツナのサラダも作るようだ。

IMG 0071

竹の伐採を終えたメンバーが焚き火で落花生とサツマイモを焼き始めた。焼き芋は上々の出来栄えのようだ。

IMG 0065 IMG 0062 IMG 0068 IMG 0091

今年も会チョさんによるサツマイモご飯だ。美味そうにできあがったようだ。

IMG 0079 IMG 0089

今年の新メニューに加わったのは,なんと,シューマイです。キャベツを敷いた上に載せたシューマイの肉汁がキャベツに沁みて美味しそうにできあがった。

IMG 0046 IMG 0085

BBQも準備万端だ。鶏モモ,シシャモにモツ焼きだ。

IMG 0077 IMG 0117

キヌカツギ,カブの漬物,ラッキョウ漬け,煮物,杏子漬け,なます,キンピラ,沢庵漬けなどなども出てくる出てくる。

IMG 0073 IMG 0074 IMG 0075 IMG 0082 IMG 0087

準備が整い,おなかもペコペコ状態になったところで収穫祭の開催だ。会チョさんの音頭でカンパ〜〜イ。箒作り・〆縄作りの達人K栗さんの同僚も飛び入り参加だ。

IMG 0093 IMG 0094 IMG 0095

いつものことながら女衆は団結しての女子会を開催だ。

IMG 0097 IMG 0098

誰がどこから調達したのか赤ワインを開ける。T夫妻もノリノリだ。

IMG 0109 IMG 0111 IMG 0112

遅れてS田さんが参加して,改めて乾杯。

IMG 0123 IMG 0122

宴のボルテージはますます上がっていく。

IMG 0101 IMG 0097 IMG 0127

炭焼きの具合はというと,窯の煙の状態も変わってきた。1号窯(左)の煙はまだ濃いが2号窯(右)は薄くなってきている。

IMG 0132

そろそろお開きかな? お持ち帰りのサツマイモご飯,里芋,サツマイモが準備された。

IMG 0140 IMG 0084

後片付けと火の始末だ。

IMG 0142 IMG 0144

炭焼き窯の煙が透明になったので,土を被せて乾留する。皆さんお疲れ様,ご苦労様でした。

IMG 0149 IMG 0150

翌週,T夫妻が窯を開けてみた。半年以上も割った竹を乾燥させたのが功を奏して出来栄えは上々だ。

IMG 0006 IMG 0007 IMG 0011

 

written by Meisterköhler \\ tags: ,

10月 24

この春から夏にかけて,さるところからの注文の袋詰めした竹炭3,000袋の代金が入って「さてどう使おうか」と話になった。折しも今年で炭焼倶楽部が誕生して10年になるというので「パァーと使っちゃおう」という意見で一致した。で,創立記念パーティー(昼食会)を,近くの,ホテルレークサイドつくばで催した。

P1060636

ホテルは数年前に天然温泉を設置したので,希望者は一風呂浴びてパーティー臨むことになった。風呂上がりのサッパリしてくつろいでいるところに後発組が合流した。ではでは,と会場に向かう。

P1060517 P1060518

宴会場はすでに準備が整えられていて,料理を前に皆さんソワソワ状態だ。

P1060520 P1060521

会チョさんの開会宣言があり,続いてK栗さんによる炭焼倶楽部の歴史が語られた。あるメンバーは土地の開墾のためにユンボの運転免許をとったという。炭焼き窯が壊れて炎が上がり消防が出動したこともあったという。ティーピーを建てたりしたこともあるそうだ。しかし,それらの創設当時を知るメンバーは,今では,もはや数人になってしまっている。

P1060523 P1060527

土地を提供してくれているH先生が「ますます楽しんでください」と応えてくれた。

P1060529

T長老の乾杯音頭でパーティーの始まり,始まり。

P1060531 P1060532 P1060537 P1060538

料理もドンドン出てきた。おっ,土瓶蒸しだよ。

P1060522 P1060543 P1060544 P1060546 P1060557

風呂上がりに加えて,真っ昼間からのアルコールがカラオケを盛り上げる。

P1060558 P1060566 P1060583 P1060591 P1060594 P1060610 P1060625

アッと言う間に予定した2時間が過ぎて副会チョさんの,無情な,閉会挨拶だ。

P1060629 P1060633

さぁ,20周年記念パーティーに向けて愉しくやって行きましょう。

P1060635

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.