3月 12

竹炭焼き窯わきには鉄パイプで屋根を支える鎹があったが,ここを通るときにしばしば頭をぶつけることがあった。危険回避と風・暑さよけのためにとMさんが青竹で壁を作ってくれた。これからの季節に向かい,いかにも爽やかな壁ができた。

RIMG0020 RIMG0016

今日は森の里炭焼倶楽部の総会だった。終わった後でT夫人が,生地こね不要で発酵一晩という,簡単パンを無水鍋で焼いてみた。もちろん燃料は竹炭である。焼き上がった熱々のパンは好評であった。

RIMG0025 RIMG0026

written by Meisterköhler \\ tags:


Leave a Reply