11月 27

小春日和の今日は倶楽部の収穫祭だ。メインメニューは芋煮とサツマイモご飯だ。

RIMG0001 RIMG0023

作業開始時間前に集まった熱心なメンバーは豚糞集積場を整理している。

RIMG0004

小屋の外にすでに材料が調えられていている。もちろん,炭焼倶楽部で作ったものだ。イモもこの夏の猛暑を乗り越えて,まずまずの出来具合だ。そのうちに三々五々,会員が集まってきて材料の調理が始まった。しかし後になって,これが早とちりだったことが…

RIMG0002 RIMG0005 RIMG0006

小屋の方でも準備が進む。

RIMG0009 RIMG0010

サツマイモご飯の準備が整ったようで会チョさんの出番だ。この炊飯の出来具合が会チョの必要条件だとか?!

RIMG0007 RIMG0024

具沢山の芋煮は大鍋にあふれんばかりの量だ。

RIMG0015

あれ〜,椎茸がないヨ。ハイ,ハイ,H先生のお宅から頂いてきましたよ。

RIMG0016 RIMG0017

ご飯はだいじょーぶかい? 竃をを移した方がいいんじゃない。そーすっか。

RIMG0019 RIMG0020

H先生がモツを持ってきてくれたから火を起こさなくっちゃ。そうそう,サツマイモご飯用のお米も提供していただきました。

RIMG0022 RIMG0044

もうそろそろ味噌を入れた方がいいんじゃいない。待って待って,アクを掬うのが先だよ。

RIMG0025 RIMG0027

よ〜し。味噌いれよう。酒もたっぷり入れよーよ。どれどれ,味は? う〜ん,煮詰まっちゃうからこんなもんで好いんじゃないの。隠し味の醤油も入れた方が好いんじゃないの? ラジャー。

RIMG0031 RIMG0032 RIMG0033 RIMG0043

ご飯は〜? だいじょぶ,蒸らすだけだよ〜。ほ〜ら,出来た。これで会チョの椅子も安泰だ。

RIMG0035 RIMG0038

さぁ〜て,場所,場所。ご〜〜んん。どうしたの,どうしたの? パイプに頭ぶつけちゃったのヨ〜。厄払いした方が良いですね。

RIMG0040 RIMG0045

まぁ,大事なかったようなので収穫祭の乾杯と行きましょう。

RIMG0046 RIMG0047 RIMG0048

宴もたけなわの頃,遙々とカナダからの旧会員の参加です。もう一度,乾杯しましょう。

RIMG0054

そろそろ陽も落ちてきたので,竹炭で暖を取ります。この暖かさがカナダでは無いんだよね〜,とお客さま。

RIMG0058

カナダからのお客様もお帰りと言うことですので,三本締めでお送りしましょう。

RIMG0056 RIMG0057

夕闇が落ちてきましたが,宴はまだまだ続きます。「ところでサ−,新嘗祭はどうなったの?」と,会チョさん。「朝,外に出してあったのは,あそこで新嘗祭の祝詞を上げようと準備してたんだよネ〜」。M沢さんは,昨夜も寝ないで祝詞を考えて来たのに,とボヤくこと。みんなは「ホント?!」って顔。

RIMG0061 RIMG0063

人生で大事なのは挨拶だ,と会チョさんの昔話から始まって,たっぷりと残された炭焼倶楽部のメンバーの人生談に話題は移っていった。

written by Meisterköhler \\ tags:


Leave a Reply