9月 27

この間まで汗だくで畑の手入れや草刈りをしていたと思ったら,早くも新米の季節になった。というわけで恒例の新米試食会だ。今年の試食会はメンバーの都合があって10人チョットと少し寂しい会になりそうだ。

いつものA山夫人が体調不良ということで采配をT井夫人に譲った。9時にT井夫人の号令で食材集めが始まった。

共同畑のショウガだ。握りこぶしくらいの立派なショウガだ。

IMG 0002 IMG 0001 IMG 0061

ニンジンはやや小振りだ。

IMG 0003 IMG 0012

ネギはなかなかのもの。

IMG 0009 IMG 0004

大きな葉っぱの割には小振りな里芋。

IMG 0005 IMG 0006

少し季節遅れのオクラ。大きくなりすぎたのは固くて食べられないので,小振りの若いヤツ。

IMG 0007 IMG 0010

A山さんの畑からモロッコインゲンとピーマンを収穫させてもらう。

IMG 0019 IMG 0022 IMG 0020 IMG 0021

F田会チョさんが大きめのコナスとインゲンを提供してくれた。

IMG 0024 IMG 0023

で,これらを手分けして下ごしらえする。

IMG 0014 IMG 0016 IMG 0017

K栗さんが薪を割って竃に火をつけて,まずは豚汁の煮込みはオーケーだ。

IMG 0025 IMG 0027

青物は軽く塩をした熱湯でサッと湯がく。モロッコインゲン,インゲン,オクラそして里芋と次々に茹でる。

IMG 0031 IMG 0030 IMG 0032 IMG 0035 IMG 0037

会チョさんが新米炊きを始めた。

IMG 0041

豚汁の具材が煮えてきたので酒,豚肉,コンニャク,キノコを入れてみそで味をつけてでき上がった。

IMG 0042 IMG 0043 IMG 0046 IMG 0045

K栗さんが前日に拾ってくれた栗を今朝方茹でてくれていた。それを炊き上がった新米にのせてみようと皮むきをする。

IMG 0013 IMG 0047

それぞれが分担作業を遂行していく。ちょっと時間の余裕ができたK栗さんとT井さんが近所の農家に籾殻をもらいにいく。これで燻炭をつくって土壌改良に使うのだ。

IMG 0049 IMG 0050 IMG 0055

新米が炊き上がったようだが今回はチョット芯ができているという。会チョさん曰く,釜が小さくて昨年の調子でやったが,釜が小さくて勝手が違った,そうだ。で,S田夫人がおまじないを掛けて火を追加してどうにか完成した。

IMG 0054 IMG 0079

熱々のヤツを食べようと,新米の炊き上がりを待ってサンマを焼き始める。丸々と太って嘴も黄色になって脂ののったサンマは自家製の竹炭に焼かれてボウボウと燃える。さぁ,でき上がったぞ。

IMG 0051 IMG 0057 IMG 0060 IMG 0064

油揚げを焼いてほぐしてショウガと混ぜる。どんな味になるのだろう。

IMG 0065 IMG 0071

焼きナスもでき上がった。タマネギのフォイル包み焼きだ。透き通ったタマネギはトロトロだ。

IMG 0063 IMG 0068 IMG 0082

さぁ,乾杯,乾杯。サンマが美味い。インゲンのゴマ汚し,オクラに乗せた特性の納豆味噌,モロッコインゲンもさっぱりとして上々の味だ。なんと,ショウガの薄切りも辛さはなくて美味いではないか。これが採りたて野菜の妙味というものだ。

IMG 0073 IMG 0074 IMG 0075

今年も新米がおいしく食べられた。豚汁も,チョット味が薄いが,具だくさんでお腹いっぱいになる。遅れて登場したK沢さんを交えて再び乾杯が始まる。

IMG 0083 IMG 0084 IMG 0088

食べながら,刈り取った雑草の処理について,果たして燃やしたものだろうかどうだろうかという問題と退会した会員の畑の管理についての意見が交わされた。雑草の処理については堆肥つくりのスペースを用意するということで話がまとまった。空きスペースの活用については,共同畑の転用する前に希望する会員が権利を委譲してもらって管理してはどうかを話し合った。今日集まっていない会員の中にそんな希望を持っている会員がいるかもしれないので会チョさんが毎月の「たより」で知らせることにしようとか,共同作業日にお知らせしようとか意見を交わした。

IMG 0091

余ったご飯や豚汁や栗を,なかば強制的にお土産で持ち帰ってもらった。後片づけも手慣れたものだ。T井夫人はA山夫人がいかに大変な仕事をやっていたのかを実感したという。A山夫人の体調が早くもとに戻るといいが。

 

 

written by Meisterköhler \\ tags: ,


Leave a Reply