6月 09

これまで竹で組んでいた藤棚が老朽化してきたので鉄パイプで作り直す作業に取り掛かった。台風の襲来を前にした今日は30℃を超えそうな暑い日になりそうだ。 おまけに夏祭り用の竹炭が足りなさそうなので炭焼きも並行して作業することになっている。アツ,アツの仲の(?)Iさんと会チョさんが7時半から竹炭焼きを始めてくれていた。

 IMG 0001 IMG 0002

パイプを運び出して長さ毎に整理して,ジョイントなどのネジに556を吹きかけて固定/自在タイプ毎に整理する。この鉄パイプとジョイントなどはIさんが提供してくれたものだ。

 IMG 0005 IMG 0004 IMG 0010 IMG 0011

竹の骨組みを外す前に仮の支柱でフジを支える。

IMG 0013 IMG 0014 IMG 0016 IMG 0015

この作業までで既に陽は高く,暑さも増してきたので小休止をとる。女子衆が立ててくれたタープの下でお菓子をいただく。この機会に,炭焼倶楽部が設置した井戸を自治会が災害時に使わせてもらえる様にする覚書についての案を検討した。

IMG 0018 IMG 0019 IMG 0028

炭焼きは順調に進み,お昼の支度も然りだ。

IMG 0021 IMG 0020 IMG 0026

設計図に従って,支柱を立てる礎石を埋める。なかなか図面通りにはいかないものだ。で,現場第一主義で設計の小変更を。

IMG 0034 IMG 0032

仮の支柱がしっかりとしたところで,竹の骨組みを外す作業にかかる。 「さぁ,お昼にしましょう」と女子衆が声をかける。

IMG 0030 IMG 0031 IMG 0033

「待ってました」と持ち寄ったオニギリ,惣菜でお昼を食べた。一部の男衆は麦ジュースで喉を潤すが午後の作業は大丈夫でしょうねぇ?

IMG 0035 IMG 0037 IMG 0039 IMG 0040 IMG 0041 IMG 0043

エネルギーを補給したところで午後の作業にかかる。支柱と梁を組み立てて立てる作業だ。本柱が立ったところで仮の支柱を外していく。この仮の支柱を使い回しして本柱を再構成するのだ。

IMG 0045 IMG 0046 IMG 0047 IMG 0052 IMG 0055 

こんなに太く生長したフジの幹を支えるのは大変な作業だ。その前に一休みしようとアイスクリームが振る舞われた。本当に今日は暑い。水分を十分に補給しましょう。

IMG 0051 IMG 0056 IMG 0057

さて,作業再開だ。天井に梁を取り付けた。

IMG 0058 IMG 0059 IMG 0060 IMG 0062 IMG 0063

みんな疲れてきて,パイプを落っことしたり,骨組みの竹を外す時に身体に当たったりと小さな事故が増えてきた。時刻は6時を回っている。とにかくパイプの組み立ては終わったので明日の台風に見舞われても大丈夫だろう。天井のメッシュの設置はまた次回にしよう。ということで今日の作業は終わりです。

IMG 0064 IMG 0065 IMG 0066

一方,竹炭焼きはどうかというとまだまだ時間がかかりそうだ。会チョさんは心残りらしいが,「生焼けが残っても,もう疲れたので窯を閉じましょう」ということにした。

IMG 0067 IMG 0068

やれ,やれ。本当にみなさんお疲れ様でした。

written by Meisterköhler \\ tags: ,

12月 16

炭焼倶楽部は森の里団地の餅つき大会に竃の火の番&餅米を蒸す役目を仰せつかった。

P1130612

女子衆は朝の7時半から蒸篭などの準備だ。

P1130613 P1130618 P1130622 P1130625

男衆は8時から竃の火起こしだ。まずは薪割りだ。火床と囲は前日に別の係が準備してくれている。

P1130615 P1130616 P1130614 P1130617

1,000人の予想参加者に対して餅米は100kg,アンコは40kgを準備したそうだ。対して,竃は3基に蒸篭は9つ用意している。

P1130620 P1130621

11時の大会開催に向けて8時45分に餅米を蒸し始めた。蒸篭は2段重ねだ。

P1130623 P1130624

40分ほどで蒸しあがった餅米を電動餅つき器にセットする。昨年はノロウィルス騒ぎで,餅米や餅に直接触れる臼と杵での餅つきを止めて,餅を触らない電動餅つき器に変えたそうだ。係員はポリ手袋で餅を扱うことになっているらしい。で,今年もそれを踏襲することになった。お隣の宝陽台団地では役員・班長の高齢化のために餅つき大会は取りやめになった。いずれ森の里もそうなるかも? 我ら炭焼倶楽部のメンバーは餅つきには関わらず,別の係りが担当している。火の番は重要だぞ。

P1130635 P1130636 P1130626 P1130629 P1130650 P1130630

出来上がった餅は別の係りの女子衆の手によって,餡ころ餅,きな粉餅とからみ餅に手際よくまとめられて行く。

P1130633 P1130632 P1130637 P1130639 P1130640

他方では豚汁の準備が進んでいる。なんでも豚肉はつくば美豚というブランド品を使っているとか。

P1130642 P1130641

まだ陽が上がらず寒いので炭焼倶楽部にはK林さんがポタージュスープとさつま揚げを用意してくれた。からだの芯から温まり,俄然やる気が出る。ありがとうございます。

P1130644 P1130645 P1130646

スタッフは大会のスタート前に公会堂で腹ごしらえをする。会員に供する豚汁,餅を試食して味をチェックするという意味もあると言われる。

P1130647

準備は整ってあとは11時の開会を待つばかりだ。恒例のコロッケ屋さんも出張して,メンチ,コロッケとアメリカンドッグを準備してくれている。

P1130648 P1130649

さぁ,自治会長さんの挨拶で森の里太鼓の合図で餅つき大会が始まった。なにやらマスコットも参加してくれている。森の里団地にはまだまだ子どもが大勢いるようだ。宝陽台とは大違いだ。

P1130654 P1130655 P1130652 P1130651

行列をつくって並んだ会員は3種の餅のパックと豚汁を受け取って会場で食べ始めた。森の里太鼓の勇ましい演奏を聴きながら陽の元でパクつく餅はさぞかし美味いでしょう。でも,隣の竃からの煙がちょっとネ。

P1130657 P1130656 P1130659  P1130658

そのうちに,野球部が臼と杵での餅つきのデモンストレーションを始めた。搗き上げた餅は会員には配らずに部員で消化するとのことだ。消化不良にならなきゃ良いけど。子ども達にも杵を持たせて餅つきを体験してもらっている。

P1130662 P1130663 P1130666 P1130665

スタートから1時間半ほどで参加者に餅と豚汁が行き渡ったようだ。用意した餅米も空っぽになったので竃の火を落とした。女子衆は蒸篭などの後片付けを,男衆は竃周りの片付けだ。余った餅を頂いて家路についた。今日は天気予報が良い方に外れて,竃の周りでは汗をかくほどの暖かい陽気になった。誰のお陰でしょうか?

P1130667 P1130668 P1130669 P1130670 P1130671P1130672 

炭焼倶楽部の今年の行事はこれでおしまいだ。今年は忘年会はやらずに来年の新年会に期待をかけることにした。お疲れ様でした。少し早いけど,良いお年を。

written by Meisterköhler \\ tags: ,

4月 15

今年は筍の生育が遅いようで,先週までは一本も見当たらなかった。今日の筍パーティーができるかどうか危惧したが,ポカポカ陽気に恵まれたせいもあってどうやら今年もパーティーの開催に間に合ったようだ。

まずは筍の掘り出しだ。K栗さんをはじめとする実働部隊によってたくさんの筍が準備できた。

IMG 0001 IMG 0002 IMG 0004

筍の皮を剥く作業はA山夫人の的確な指示のもとに進む。

takenoko_IMG 0009 IMG 0005

大鍋に湯を沸かして綺麗にした筍を茹でる。掘り出した直後の筍は湯掻くだけでアクが抜ける。

IMG 0008 IMG 0011 IMG 0015

会チョさんは筍ご飯のスペシャリストを標榜している。さて,今年の味はいかがでしょう?

IMG 0013 IMG 0018

おなご衆はお惣菜の準備だ。

IMG 0016 IMG 0012

豚肉・厚揚げ・玉ねぎ・筍の炊き合わせ,こんにゃく・人参・キャベツ・ごぼう・玉ねぎ・筍のお汁,玉こんにゃく・煮卵・筍の煮物,筍・ワカメの煮物などなどの筍づくしの料理だ。

IMG 0019 IMG 0025 IMG 0031 IMG 0030

筍ご飯のも炊き上がったようだ。味付けをした油揚げを混ぜるのが会チョさんのスタイルです。A山夫人の厳しいチェックが入る。

IMG 0017 IMG 0020 IMG 0021 IMG 0022

手羽先のBBQも進行中だ。

IMG 0024 IMG 0032

準備が整ったところで乾杯です。今年も地主のH先生のおかげで美味しい筍が食べられる。

IMG 0038 IMG 0039 IMG 0040

胡麻味噌と葱坊主の和え物,菜の花と卯の花,ほうれん草と豆腐の白和えも添えられた。

IMG 0042 IMG 0036 IMG 0037

筍のフルコース料理はとても一人では食べきれない。

IMG 0034 IMG 0044 IMG 0053

ポカポカ陽気だが,風が強くなってきた。いつ果てるとも知らずの宴が続く。至福のひと時だ。

IMG 0050 IMG 0052

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.