4月 24

まずは筍掘りだ。これがなくちゃパーティーが始まらない。久しぶりの春らしい好天気に鍬をふるうと汗が出るくらいだ。

RIMG0007 RIMG0009 RIMG0011 RIMG0012

これくらい地上に出ているやつを探して掘っていく。小一時間でこんなにたくさんの収穫。

RIMG0013 RIMG0017

かぐやの水で洗って,皮をむいて,適当な大きさにカット。小さい筍はホイルで包んで山賊焼きに。

RIMG0018 RIMG0019 RIMG0027 RIMG0026

ゆであがった筍を天ぷら用に準備する。その間にF会長が筍ご飯奉行の役目をを死守する。水加減はどうでしょうかね〜。

RIMG0023 RIMG0022 RIMG0029

筍をはじめとして,マイタケ,春菊,野菜かき揚げなどの天ぷらの準備が着々と進んでいく。山賊焼きも良い加減のようだ。筍と鶏の炒め物,筍とネギ・卵の煮物のメニューもオーケーだ。

RIMG0039 RIMG0046 RIMG0048 RIMG0049 RIMG0050

F会長の音頭で乾杯が宣せられて筍パーティーの始まり,始まり。

RIMG0051 RIMG0056 RIMG0057 RIMG0062

筍料理を竹の器に盛る。箸も竹の箸なら良かったのにね〜。特性の味噌を添えた山賊焼きも出来上がってきた。取り立ての筍をそのまま焼いているのでなんともいえない香ばしい筍の香りだ。今日一番の美味なメニューであった。ビール,焼酎,酒に混じってAさんの密造酒が登場した。ラベルまで貼って,憎い演出だね。さて,お味の方は飲んべえでない自分には何ともいえない。F会長の奥様の,野沢菜の株と鰹節の珍味も登場。熱々の白いご飯に合いそうだ。

RIMG0055 RIMG0059 RIMG0083 RIMG0087

料理に回されなかったゆで筍は塩漬けにして暮れの食材に取って置くことに。Aさんの解説に女衆はフムフム。

RIMG0074 RIMG0079

宴が終わるとサ〜ッと片付け。実に手際よい。男衆は酒瓶を肌身離さずになにやら相談。農機具の保管庫の設置談義だ。

RIMG0081 RIMG0082 RIMG0090

こうしてたらふく筍料理を食べたあとは,いつものように,有志による二次会が始まった。

written by Meisterköhler \\ tags:

4月 19

タケタケランドの外れに伐採した樹木を燃やして木灰を作る窪みが掘られている。ユンボでこれをガサッと掘ったら学術的に貴重な地層が出てきたということだ。表層土,貝殻層,粘土層の3層が同時に見られる地層はつくば市ではここくらいしか無いと地質調査所の研究員がサンプルを持って行ったそうだ。近くの小学生の校外学習の教材にうってつけと,校長先生とも話をしたそうだ。ついでに炭焼きの体験学習でタケタケランドをアッピールしようという話が持ち上がっている。

Kuさんによると,250〜500万年前の地層という話だ,と言う。え〜っ,人類誕生のオーストラロピテクスの時代じゃん。でも,後からもう一度聞いてみると,10分の1の25〜50万年前ということ。それなら,納得。ここら辺りまで海が迫っていたんだね〜。

RIMG0008 RIMG0009

written by Meisterköhler \\ tags:

4月 19

1週間前に仕込んだ炭焼き窯を開けた。こんな手順を辿ったのだが,左側の1号窯は再着火したりしたのでちょっと出来が心配だった。

RIMG0020

どうやら心配は杞憂だった。1号窯,2号窯ともに竹炭が出来ていた。まっすぐな竹を入れたのだが,出来た竹炭は曲がっていた。ベテランのKaさん,Tuさんに言わせると,今年最高の出来,ということだ。

RIMG0011 RIMG0013 RIMG0014

1号窯の底にはタールがたっぷりと溜まっていた。1号窯は乾留後に再着火した時に,まだ竹酢液が出ていたことから察して燃焼温度が低かったのが原因だろうか。排煙温度が200℃に達してから乾留した2号窯にはタールは溜まっていなかった。

RIMG0018 RIMG0019

次回は,一気に排煙温度を180℃に上げたら段階的に空気口を細くしてみようかと思う。

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.