3月 22

本年度を締めくくる森の里炭焼倶楽部の総会に先立ってミニ東屋再建の共同作業があった。先日の東屋再建と違って,こちらのミニ東屋は竹の耐用年限による立て替えだ。3年くらいが竹の耐用年限ということだ。

IMG 0001 IMG 0004 IMG 0011

梅も満開でポカポカ陽気の春の到来だ。だが,杏子の花はまだ蕾で,昨年よりも少し遅いかな。

IMG 0006 IMG 0008 IMG 0010 IMG 0016 IMG 0027 IMG 0019

予定時刻前だが平成25年度総会が始まった。決算報告,実績報告に続いて予算案審議と行事予定に入る。本年度は1名の退会者が出た。体調不良のためと言うことだ。決算報告での次年度繰越金と予算案の前年度繰越金の間で1円の齟齬があった。単純なタイプミスなので次の「たより」で訂正報告すると会チョさんの話で総会の幕が閉じられた。

IMG 0021 IMG 0022

今日の懇親会は会チョさんの奥様によるお握りの差し入れのほかに会員が持ち寄った蕗味噌,ハクサイ酢漬け,コマツナのおひたし,ラッキョウ漬けなどだ。いずれもタケタケランドで栽培・収穫された有機野菜だ。

IMG 0023 IMG 0024 IMG 0025

それに加えてA夫人が腕を振るったおでんとH先生提供の定番のモツ焼きだ。

IMG 0018 IMG 0032

会チョさんの乾杯の音頭で懇親会が始まった。

IMG 0030 IMG 0031 IMG 0033 IMG 0034 IMG 0040

遅れてきたM村夫人が参加してますます賑やかになる懇親会だ。

IMG 0045 IMG 0046

いっとき飲んで食べて懇親会はいったんお開きになった。女衆はさっそく後片付けだ。A夫人の軍手とウーロン茶による油汚れ食器の洗い方には思わずウ〜〜ンン。

IMG 0051 IMG 0052 IMG 0056

後片付けが終わってからも女衆は立ったままで女子会を続ける。それを座らせて,めずらしく,若奥様連を交えての二次会が始まった。話題の中心はS田棟梁の愛犬リヒト君だ。

IMG 0059 IMG 0058 IMG 0054

 

written by Meisterköhler \\ tags: ,

2月 22

2月8日に関東地方では45年ぶりという大雪が降った。45年前のその日は,山手線がストップしたので地下鉄丸ノ内線にまわったがシャッターを閉められて入場できず,やむなく新宿から大塚の下宿まで徒歩で帰ったことが思い出された。1時間15分で下宿について,スキーを持ち出して近所の坂で滑ったりした記憶が蘇った。

閑話休題

10日も経った2月18日にようやく雪が溶けてタケタケランドに出掛けてみたら,あらら,東屋の屋根が落ちているではないか。そして竹風庵の屋根も落ちそうになり,内部から竹でつっかい棒があてがわれている。

P1000109 P1000112 IMG 0004

と言うわけで今日の共同作業はこの東屋の修理のための資材調達となった。資材調達と言っても,要するに竹切り作業である。調達場所はH先生の敷地の竹林だ。

IMG 0004 IMG 0003

伐採した竹は支柱と梁の寸法に切って数を揃えた。

IMG 0001 IMG 0002

一段落したところで一服だ。

IMG 0005 IMG 0006

資材を,すっかり取りかたづけられた東屋のある,タケタケランドに運ぶ。

IMG 0007 IMG 0013

今日の作業はここまでだ。青空の下でT夫人が用意したカレーで昼食を摂った。いつもの調理と違って人数が多かったので水の分量をやや多かったのか,ちょっと薄めのカレーだったが完食してしまった。久し振りにキャンプのカレー味を思い出した。

IMG 0015 IMG 0018 IMG 0019

その後3月8日の共同作業によって見事に東屋が再建された。東屋の再建を祝して飾られた梅と椿が直ぐそこまで来手いる春を告げている。

IMG 0001 IMG 0003 IMG 0002

written by Meisterköhler \\ tags:

1月 25

今日の共同作業はタケタケランド(共同畑)の地主さんのH先生宅のケヤキの剪定だ。まずはタケタケランドに集まって作業の打ち合わせだ。

IMG 0003

H邸宅の門前には大きなケヤキが聳えていてその枝は道路に張りだし,さらに電線を被っている。この剪定は素人にはムリじゃないだろうか。

IMG 0004

と,思っていたらメンバーはケヤキを素通りして樫の方に行ってしまった。誰だい,ケヤキの剪定なんて言ったのは。樫の剪定じゃないか。樫の枝葉は道路に張り出してはいるが電線を被ってはいない。これなら素人集団にも剪定できそうだ。とは言うものの安全第一じゃなくっちゃ。

IMG 0006

昨年のイチョウの剪定で活躍したS棟梁が今回も主役だ。まずはハシゴを掛けて,ノコギリで剪定に挑戦だ。下ではメンバーが見守って,枝が落ちてくるのを待ち構えている。道路はクルマも通るので左右の両方向で交通整理をしなければならない。交通指導員の経験があるメンバーが立哨役となり,会チョさんの指揮で枝落としをコントロールしながら交通に支障が出ないようにする。

IMG 0011 IMG 0012 IMG 0034 IMG 0029

大きな枝はノコギリでは大変なので電動ノコギリを投入する。道路を塞いでしまうほどの大きな枝葉が落ちてくる。

IMG 0015 IMG 0013 IMG 0024 IMG 0041

剪定した枝葉はH邸宅の裏庭に運んで焼却することにした。

IMG 0030 IMG 0026

一服の時間となったのでお茶とお菓子で小休止をとる。今日は暖かくなるという天気予報だが10℃を越すほどにはなっていないようだ。それでも暖かいお茶はありがたい。

IMG 0033 IMG 0031

一服後に作業を再開する。「大丈夫かなぁ」と見守る中で,墜落防止のハーネスを着けたS棟梁は猿(ましら)のごとく枝を這い回り切り落としていく。「もう,これ以上はムリだな」とS棟梁が宣言して樫の選定作業が終わった。

IMG 0039 IMG 0040 IMG 0042 IMG 0044

道路に散らかった枝葉も運んで焼却だ。ハシゴを元に戻し,電動ノコギリも片付けた。

IMG 0050 IMG 0047 IMG 0049

タケタケランドに戻ってきたメンバーを迎えてくれたのは,A山夫人とT井夫人が作ったお握りと味噌汁だ。「事故がなくて良かったね」と皆で頷き合い,S棟梁の離れ業に喝采を送りながら昼食会が進んでいった。お疲れ様でした。

IMG 0052 IMG 0053 IMG 0054 IMG 0055

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.