1月 10

2015年の初炭焼きの日だ。8時半には会チョさんが火入れをしていた。今日の炭焼きは1号窯だけで,2号窯は竹を詰めただけで蓋もしてない。というのは今日は地元のJ新聞が炭焼きの取材に来るというので,炭焼きの途中経過も見せるようにしておいたのだ。火付け後の煙は強い風に煽られてあちこちと吹き回って,相変わらず,煙たい。

IMG 0001 IMG 0002 IMG 0003

材料の竹のストックも少なくなったので竹割りもしなくちゃなぁ。

IMG 0012 IMG 0014

昨年の10月に伐採した竹を炭焼き窯のサイズに合わせて切ってくれたのは会チョさんだ。取材が入るというので張り切っているのかな。

IMG 0010 IMG 0013

9時過ぎるとメンバーも集まってきて新年会の準備が始まる。

IMG 0009 IMG 0017 IMG 0016

共同作業に回った男衆はブドウ棚の補修と梅の剪定だ。

IMG 0027 IMG 0019 IMG 0021

10時を回ってJ新聞の記者さんがやってきた。会チョさんが出迎える。タケタケランドを案内してあれこれと説明する。記者さんはT長老をインタービューする。

IMG 0023 IMG 0035 IMG 0036

新年会の支度も一段落して,風を避けながら暖をとる女衆。竹炭の最も有効な利用法は調理と暖を取る熱源だね。

IMG 0032 IMG 0037 IMG 0030

今日のお汁はたっぷりの白菜と豚肉のようだ。羽釜炊きのご飯の準備も順調のようだ。

IMG 0038 IMG 0042 IMG 0043

風が強いので新年会は竹風庵でやることした。会場の支度をしなくっちゃ。

IMG 0045 IMG 0046

準備オッケーで「席に就いてぇ〜」と号令がかかる。地主のH先生も揃ったところで乾杯だ。記者さんもノンアルコールを「いただきまぁ〜す」。

IMG 0048 IMG 0049 IMG 0051

K林さんのチゲ鍋もあつあつで旨い。T井夫人の長ネギグラタンもなかなかだ。

IMG 0053 IMG 0060 IMG 0050

H先生提供のモツ焼き,K栗さんお手製のラッキョウ漬け,T井夫人のピーナッツ膾,N島さんの日本酒で新年会が盛り上がっていく。

IMG 0055 IMG 0057 IMG 0059 IMG 0058

途中で帰社した記者さんに代わってK沢さんの登場だ。今年もこの笑顔でよろしくお願いします。「いえいえ,こちらこそ」。

IMG 0063 IMG 0065

この後,待ちきれずに窯の蓋を閉めて土を被せて解散となった。

帰宅してテレビを見ていたら,炭焼きをする人生の達人が紹介されていた。そこでの炭焼きオブジェにインスタントラーメン,クッキーなどが映し出された。なるほど,なるほど,これは面白い。ウチらのA夫人の竹炭オブジェもなかなかなんだけどねぇ〜。

IMG 0025

はてさて,J新聞の記者さんはどんな記事で我々を紹介してくれるのかな?

 

written by Meisterköhler \\ tags: ,

11月 22

今日はイモ煮とサツマイモご飯を中心にした収穫祭だ。三連休のせいか少し集まりが良くないが,天気は上々だ。

IMG 0034

収穫祭に先立つ共同作業は竹,枝などの廃材焼却と堆肥場の整理だ。廃材焼却で出た灰は後で焼き芋を埋めるのに使う。堆肥の残りは,もう,これだけになってしまった。

IMG 0001 IMG 0003

まずは収穫したサトイモを洗って皮剥きだ。タワシで擦ったりするものの,結局は包丁でゴジゴジやるのが効果的だ。

IMG 0002 IMG 0005 IMG 0008 IMG 0007

薪で火を起こしてお湯が沸いたらイモ煮の具材を入れていく。

IMG 0006 IMG 0009

サツマイモご飯に入れるサツマイモを切る。どれくらいの量にしたら良いのか男衆と女衆の間で議論するが,男衆の意見が通ったようだ。

IMG 0011 IMG 0012

そうそう,イモ煮にコンニャクも入れなくっちゃ。

IMG 0014 IMG 0020

そろそろ灰にサツマイモを埋めて焼き芋にしよう。泥を付けたままでアルミホイルにも包まずに埋める。こうすると水分が飛んでホクホクになるという。

IMG 0016 IMG 0017 IMG 0015

おっと,11時だ。サツマイモご飯を準備しないと。ここは会チョさんの出番だ。

IMG 0021 IMG 0022 IMG 0024

大根の葉っぱも湯がいて,サツマイモご飯に混ぜよう。

IMG 0028 IMG 0027 IMG 0033

イモ煮に肉を入れよう。長ねぎも入れなくっちゃネ。塩,酒と醤油で味をつける。どれどれ,と何人かが味見して「まだ薄い」,「いやこれで煮込めば十分だ」といろんな意見が出る。

IMG 0039 IMG 0042 IMG 0044 IMG 0041

地主のH先生が見えてイモ煮とサツマイモご飯ができるのを待つ。その間にT夫人の差し入れのコロッケを暖め直す。

IMG 0048 IMG 0050

さぁ,サツマイモご飯が出来たゾ。今日の出来栄えは会チョさんが自慢するだけのことはありそうだ。サツマイモの量も丁度よかったようだ。

IMG 0054

では,イカゲソの肝炒めを作ろう。これはK澤さんのレシピで,前回のパーティーで好評を博したメニューだ。ウ〜〜ン旨そうだ,さすが飲ん兵衛のK澤さんのレシピだ。

IMG 0055 IMG 0056 IMG 0057 IMG 0059 IMG 0061 IMG 0064

では,皆さん席に着いてください。まずは乾杯しましょう,と会チョさんの音頭で乾杯だ。

IMG 0065 IMG 0067 IMG 0068 IMG 0069

先日に焼き上げた竹炭でBBQをやりましょう。甘鯛,牛肉,鶏肉そしてポップコーンもやってみよう。

IMG 0070 IMG 0077 IMG 0084 IMG 0092

これにはビールが合うんだよ,それも自家製のビールが。とA山さん提供の自家製ビールが注がれる。

IMG 0090 IMG 0081

キヌカツギはどうですか? T夫人の自家製のゆずみそを付けるとおいしいですよ。ウ〜〜ン,お腹がパンパンだ。

IMG 0025 IMG 0071 IMG 0073 IMG 0075 IMG 0076

まだ,まだ。焼き芋ができたヨ。ホクホクだよ,旨すぎる! これは別腹でしょ。

IMG 0074 IMG 0078 IMG 0085 IMG 0079

余ったものはお持ち帰りでどうぞ。イモ煮もジップロックに入れますから。サツマイモご飯も焼き芋もみんな持ち帰ってぇ。

IMG 0095 IMG 0094

さぁ,後片づけですよ。

IMG 0093 IMG 0097 IMG 0098

至福の半日だったネ。

IMG 0035

 

written by Meisterköhler \\ tags:

10月 11

久しぶりに竹林整備の共同作業だ。いつもはT井長老が伐採する竹に印をつけておいてくれるのだが今日はその印がない。では適当にやっちゃいましょう,と竹林の入り口を中心に伐採した。

IMG 0016 IMG 0006

密集しているところの竹を鋸で切っていく。他のメンバーにぶつけないように方向を考えて切った竹を倒す。

IMG 0012 IMG 0005

これを2m40cmの長さにカットする。チェーンソーを持ち出したが歯の切れが良くないようだ。枝も落とさなければいけない。これをやっておかないと竹林を歩き回るときに脚を引っかけて転倒させられたり,引っかけて顔を払われたりする。

IMG 0007 IMG 0008

1時間半ほど作業したところで女衆がバウムクーヘンと水ようかんのおやつを用意してくれた。暖かいお茶とおやつとおしゃべりと愉しみながら一休み。

IMG 0015

作業再開となったが伐採はそろそろにして,枝打ちとカットに集中する。

IMG 0011

たくさん伐採したと思ったがこんな具合だ。軽トラの都合がついたら下に運び下ろそう。K栗さんが竹箒を作るための枝は今回は要らないとのこと。下に持っていって燃やそうか。

IMG 0017 IMG 0018

こんな作業の合間に共同畑の落花生が収穫された。これをT井夫人が自慢の腕を振るって塩ゆでに仕立ててくれた。大粒の実がぎっしり詰まった茹で落花生はあっという間に皆の胃袋に収まった。一説には静岡出身のT井さんが大好物で,大方を彼が食べてしまったとか。

IMG 0001 IMG 0002 IMG 0019 IMG 0023

共同作業のご褒美は茹で落花生の他に里芋とショウガだ。皆さんお疲れさまでした。

IMG 0021 IMG 0022

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.