3月 27

農機具倉庫の建築も少し進んだ。S棟梁は昨日の篳篥(ひちりき)をチェーンソー,ハンマーに持ち替えての活躍だ。チェーンソーを巧みに操り凸と凹を作り,これを組み合わせていく。

RIMG0009 RIMG0004

設計図は頭の中にあるというおおらかさ故に,柱の垂直をとってみると…。もともとの杉の間伐材が真っ直ぐじゃないので「こんなもんだ」となる。

RIMG0008 RIMG0013

それでも会員の協力もあって午後にはここまでになった。

RIMG0005 RIMG0006 RIMG0017 RIMG0019

一方のあずまやの方も竹の柱を増やした。

RIMG0012 RIMG0021

written by Meisterköhler \\ tags:

3月 26

3月11日午後2時46分に起こったM9.0という東北地方太平洋沖地震にもかかわらずタケタケランドには何事も無かったように春が巡ってきた。麗らかな陽春に杏子,菜の花が咲いている。

IMG_0222 IMG_0227

そんな中でタケタケランドの地主さんで日頃お世話になっているH先生の先祖代々の霊をお祀りしている霊廟の拝観が実現することになった。H家は伊予松山藩の松平家 を先祖とし,第二次世界大戦前まではこの地の素封家であったと聞く。霊廟は100年くらい前に建てられたそうだ。この震災で片方の灯籠が倒れてしまっている。炭焼倶楽部の会員ではどうにも元通りに復元できそうもない。

IMG_0198 IMG_0193

当主の挨拶の後,Sさんの篳篥(ひちりき)の雅楽の調べが漂うなか,厳かに霊廟の扉が開かれた。

IMG_0200 IMG_0203 IMG_0214 IMG_0202 IMG_0205

当主のお参りに会員が続く。お参りさせていただくのは初代の当主夫妻の像と其の当主が背負って箱根の関所を越えたという阿弥陀如来様だ。

IMG_0206 IMG_0212

13代(14代?)の現当主夫妻の「このような雅楽でお祀りされて先祖も驚き,喜んでいるだろう」との挨拶があり,再び篳篥の音とともに廟が閉じられていった。

IMG_0215 IMG_0218 IMG_0219

written by Meisterköhler \\ tags:

3月 12

竹炭焼き窯わきには鉄パイプで屋根を支える鎹があったが,ここを通るときにしばしば頭をぶつけることがあった。危険回避と風・暑さよけのためにとMさんが青竹で壁を作ってくれた。これからの季節に向かい,いかにも爽やかな壁ができた。

RIMG0020 RIMG0016

今日は森の里炭焼倶楽部の総会だった。終わった後でT夫人が,生地こね不要で発酵一晩という,簡単パンを無水鍋で焼いてみた。もちろん燃料は竹炭である。焼き上がった熱々のパンは好評であった。

RIMG0025 RIMG0026

written by Meisterköhler \\ tags:

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.