10月 19

森の里炭焼倶楽部のPalSystem会員はF田さんを師匠としてこの1年のあいだ蕎麦打ちの修業を続けてきた。月一度の修業だが,だいぶ慣れてきて最近ではそば玉の「地のし」の段階でも周辺がひび割れるようなことはなくなった。それで,F田さんが炭焼倶楽部の共同作業の時に次回の蕎麦打ちに会員の希望者に打ち立ての蕎麦をご馳走すると発表した。果たして(物好きが)何人集まるだろうか。

いつもの時間に作業を始めた。今日のそば粉は北海道産の新粉ということである。

IMG 0076

水回しをしてみると,やや乾燥しているような気がする。で,いつもは少なめの水だが今日は全部の水を使い切って練りに入った。

IMG 0082

そうこうするうちにゲストが二人来てくれた。結構な力仕事にゲストも引き加減だ。

IMG 0096

手首を痛めているカミさんは練りまでを自分に任せて,角(つの)だし,本のしの作業で交代した。薄さも大きさも自慢できるほど順調にいった。

IMG 0094

そうこうするうちにもう一人のゲストが来てくれた。 きょうのF田さんは変わりそばの胡麻蕎麦を打ってくれている。

IMG 0108 IMG 0121

早々に切りを終えたメンバーが家庭菜園でとれた野菜の天ぷらを揚げ始めた。M村さんはたっぷりの海苔を刻んでくれた。今日はザルそばが出来る。

IMG 0129 IMG 0131 IMG 0130

茹で,洗いも進んで食卓の準備もオーケーだ。

IMG 0136 IMG 0141

出来上がったところではいチーズ。

IMG 0142

天ザルのパーティーが始まった。F田師匠の胡麻そばはしっかりしたコシだが,我が家は思ったよりもコシが弱い。どこの手順が違うのだろうか。でもカミさん曰く「あなたが不在のときに打った蕎麦がこの一年で一番上手くいったが,今日の蕎麦はそれに次いで二番目に旨い」。えっ,それって…。

IMG 0143 IMG 0144

written by Meisterköhler \\ tags: ,

9月 22

今年もやってきた新米の試食会。共同作業の伐採木運びは,雨の為に中止して,タケタケランド周辺の草刈りに代えた。刈り終えた草は堆肥作りと草木灰づくりに利用される。

IMG 3065

共同作業を早々と終えて,いそいそと試食会の準備が始まった。今回のメニューには野菜のかき揚げ,手作り餃子,野菜のBBQが新たに加わった。手作り餃子と言うからにはもちろん皮から手作りだ。初めて麺棒を握って調理するというO村さんの手つきが…

IMG 3064 IMG 3073 IMG 3074

定番の羽釜炊き新米とモツ鍋の準備も抜かりない。炊飯は会チョさんの,モツ鍋はH先生の厳しい管理の下に着々と進行している。

IMG 3075 IMG 3076

焼きナス用のショウガのおろしも順調だ。ショウガはもちろんタケタケランドで採れたものだ。M沢さん,それにしてもお椀2杯はおろしすぎだヨ。

IMG 3079

餃子も焼き始まり,かき揚げもゴーゴー。運の良い会員にはかき揚げにイカとエビが入っているとか(^_^;)。

IMG 3083 IMG 3091

新米も最高の出来具合に炊きあがり,モツ鍋の味も上々に出来上がった。

IMG 3090 IMG 3077

会チョさんの音頭で乾杯だ。今日のゲストは近くの団地の幹部さんだ。

IMG 3095 IMG 3096

タケタケランドの土地提供者のH先生のご挨拶だ。H先生は傘寿を迎える事になる。

IMG 3097

熱々の新米に焼きたて餃子とモツ鍋に添えられたキュウリの漬け物,自家製味噌でのゴーヤ,自家製の梅干しの味が何とも言いようがないほどに旨い。

IMG 3099

宴もたけなわの頃になり,カミさん連中のモラ手芸の教え合いが始まっている。いつか筍掘りに参加した会チョさんの友人の練馬の家庭菜園グループから手作りのハックルベリーのジャムの差し入れが披露された。カボチャパンに付けていただいています。

IMG 3128 IMG 3110

16人でのパーティーだが,さすがに3升の炊飯は多すぎた。のこった新米はラップに包んでお持ち帰りとした。お釜の底には,これまた旨そうな,お焦げがこびりついていた。

IMG 3131

written by Meisterköhler \\ tags: ,

7月 14

さるところから,袋詰めされた竹炭を1,000〜1,500袋配布したいので作ってくれ,と頼まれた。炭焼倶楽部の共同作業日にこの作業を皆で分担した。

IMG 2119

窯出しした竹炭は有志によってすでに10cmの長さにカットされている。

IMG 2103

これを布で清拭して,五枚づつポリ袋に詰める。

IMG 2106 IMG 2106

竹炭の使い方の説明書とラベルはAさんが準備してくれた。いつもながらのお手並みだ。

IMG 2105 IMG 2104

説明書を袋に入れてタイラップで結び,ラベルを貼って出来上がり。

IMG 2113 IMG 2108

今日の共同作業で200袋が完成した。これまでに有志の作業で700袋が用意されているので1,000袋ももうすぐだ。

IMG 2110

休憩時間にスイカ,お握りとお菓子が振る舞われた。スイカはとても甘い味で,お握りも皆の話を弾ませてくれた。

IMG 2117

解散の後も炭焼が続いた。Aさん提供のお弁当を杏子の樹の下でいただいた。風が回って炭焼の煙が喉をくすぐった午後の一時だった。

IMG 2123

Nさんが提供してくれた大根はまるで駆けっこしているようなかたちをしていた。それも成人の…とはご愛嬌だね,と皆で笑い転げた。

IMG 2127

8時半に開始した竹炭焼は3時半には終えた。さて,今回の竹炭の焼け具合はどうだろうか。

 

 

written by Meisterköhler \\ tags: ,

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.