11月 24

炭焼倶楽部の土地を提供して下さっているH先生の傘寿(80歳)祝賀会が催された。

IMG 0584

乾杯の後にH先生にはお酒を,奥様には花束が贈られた。さらに,Iさんが焼いた湯飲みもH先生に贈られた。

IMG 0589 IMG 0591 IMG 0598

宴もたけなわになりカラオケ大会になった。女子会の合唱つきダンスにはやんやの喝采がH先生と亭主たちから浴びせられた。

IMG 0601 IMG 0621 IMG 0668

最後にH先生から,皆さんの生き甲斐の一つに炭焼倶楽部での作業を利用して健康・長寿を保ってくれ,と激励の挨拶を頂いて記念写真を撮った。

IMG 0715 IMG 0727

自分は,人は生き甲斐や夢の実現とかを意識しないでも自然体で暮らせるのが理想だと思っている。さぁ,つぎは米寿,卒寿の祝賀会だ。メンバーからも次々に祝賀会対象者がでて楽しい宴会が続くことになりそうだ。

 

written by Meisterköhler \\ tags:

11月 10

森の里炭焼倶楽部のホームグラウンドのタケタケランドの倉庫が荒らされた。これで3度目である。最初は竹風庵(ダイニング小屋)にストックしてあったお菓子が食べ荒らされ,ロウソクが無断使用された。2度目は倉庫の錠が壊されガスバーナーなどが盗まれた。錠を頑丈に直したら,3度目はドアを蹴破られてノコギリ,鉈,バール,ガソリン缶などが盗まれた。お陰で共同作業が全く出来なくなった。困ったものだと歎いているうちは良い方かも知れない。盗まれた物でベンダーマシン荒しや集団でのケンカ(出入り)にでも使われた日には大騒動だ。

IMG 0413

そんな嫌な事件が夏から続いていたが,今年も収穫祭の季節がやってきた。初冬とはいえポカポカ陽気の中で,まずは共同作業の竹炭焼と竹林清掃だ。

IMG 0410 IMG 0409

10時半には共同作業を終わらせて,収穫祭の準備を進める。今日のメニューはサツマイモご飯と芋煮がメインだ。

IMG 0431 IMG 0433 IMG 0416 IMG 0441

オチビさんのために竹で紙鉄砲を作ってやるメンバー。

IMG 0437

鶴首カボチャという珍しいカボチャが出てきた。今日は網焼きでいただくことに。

IMG 0430 IMG 0443 IMG 0446

新米をH先生が提供してくれた。その炊き方はいつもの会チョさんだ。旨そうに出来上がったのはさすがだ。

IMG 0444 IMG 0445

更にいつものようにH先生からのモツの提供だ。塩焼きのほかに会チョさんが味噌焼きを作ってくれた。これが中々の味でした。

IMG 0447 IMG 0458

芋煮も出来上がって乾杯だ。

IMG 0454 IMG 0462

梅干しやらキャベツの即席漬け物で箸が進む。

IMG 0456 IMG 0461 IMG 0465 IMG 0455

そうしている間に竹炭焼の煙も透明になってきたので,窯を閉めて土をかける。今日はいつもより1時間ほど早い。原料の竹の乾燥度合いが進んでいたからだろうか。

IMG 0463

お腹も一杯になって後片付けだ。男性陣が意外にテキパキとかたづけていく。

IMG 0468

オチビさんのパパがお迎えに来た。またおいで〜。

IMG 0469

小春日和の一日も半分が過ぎていった。そうそう,M村さんのローリエをもらって帰らなくっちゃ。

IMG 0432

 

 

written by Meisterköhler \\ tags: , ,

10月 19

森の里炭焼倶楽部のPalSystem会員はF田さんを師匠としてこの1年のあいだ蕎麦打ちの修業を続けてきた。月一度の修業だが,だいぶ慣れてきて最近ではそば玉の「地のし」の段階でも周辺がひび割れるようなことはなくなった。それで,F田さんが炭焼倶楽部の共同作業の時に次回の蕎麦打ちに会員の希望者に打ち立ての蕎麦をご馳走すると発表した。果たして(物好きが)何人集まるだろうか。

いつもの時間に作業を始めた。今日のそば粉は北海道産の新粉ということである。

IMG 0076

水回しをしてみると,やや乾燥しているような気がする。で,いつもは少なめの水だが今日は全部の水を使い切って練りに入った。

IMG 0082

そうこうするうちにゲストが二人来てくれた。結構な力仕事にゲストも引き加減だ。

IMG 0096

手首を痛めているカミさんは練りまでを自分に任せて,角(つの)だし,本のしの作業で交代した。薄さも大きさも自慢できるほど順調にいった。

IMG 0094

そうこうするうちにもう一人のゲストが来てくれた。 きょうのF田さんは変わりそばの胡麻蕎麦を打ってくれている。

IMG 0108 IMG 0121

早々に切りを終えたメンバーが家庭菜園でとれた野菜の天ぷらを揚げ始めた。M村さんはたっぷりの海苔を刻んでくれた。今日はザルそばが出来る。

IMG 0129 IMG 0131 IMG 0130

茹で,洗いも進んで食卓の準備もオーケーだ。

IMG 0136 IMG 0141

出来上がったところではいチーズ。

IMG 0142

天ザルのパーティーが始まった。F田師匠の胡麻そばはしっかりしたコシだが,我が家は思ったよりもコシが弱い。どこの手順が違うのだろうか。でもカミさん曰く「あなたが不在のときに打った蕎麦がこの一年で一番上手くいったが,今日の蕎麦はそれに次いで二番目に旨い」。えっ,それって…。

IMG 0143 IMG 0144

written by Meisterköhler \\ tags: ,

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.