11月 09

「収穫祭を迎えることが出来るのは土地を提供して下さっているH先生の先祖のお陰だ」という会チョさんの考えで,今年の収穫祭に先立ってH先生の先祖を祀る霊堂にお参りすることになった。S田さんの奏でるしちりきが参加者をして敬虔な気持ちに変えさせる。

IMG 0009 IMG 0006 IMG 0004 IMG 0003

お参りが終わり,共同畑に戻って今日のパーティーの具材を収穫する。今年のサツマイモの出来具合は例年の1/3とT井長老が言う。確かに畝を掘っても出てくるイモは小さい物が多い。大きい物はメロンほどの物が採れたが,ひび割れてしまっている。それでもイモご飯に十分過ぎる量が収穫できた。

IMG 0010 IMG 0012 IMG 0014

サトイモの出来もあまり芳しくない。やはり今夏の猛暑が原因だろうか。でも,今日のパーティーの参加者は10人ほどだからこれも十分な量だろう。

IMG 0018 IMG 0019 IMG 0017

大根,ニンジンも収穫した。

IMG 0021 IMG 0024

デザートのブドウはちょうど良い糖度のようだ。

IMG 0029

ゴボウ,ネギ,ショウガも収穫して皆で調理する。

IMG 0031 IMG 0033 IMG 0030

芋煮の鍋に具材を投入する。残念ながら牛ではなく豚肉の芋煮だそうだ。「動物性タンパク質を自前で調達するために,山羊か鶏を飼おうか」という声が出るが「無視,無視」の声のほうが大きい。

IMG 0035 IMG 0060

H先生から新米の提供があった。サツマイモはサイコロ切りして米に入れる。イモご飯の奉行は今回も会チョさんだ。最後に稲藁をパァ〜と燃やして出来上がりの段階だ。

IMG 0022 IMG 0041 IMG 0058 IMG 0056 IMG 0070

新メニューはイカの海賊焼きとか何たらとかいう料理だ。イカのワタにタップリの刻みネギを混ぜる。そこにショウガ,砂糖と味噌を加える。さらにゲソを加えて火にかけてワタを潰しながらかき混ぜる。

IMG 0044 IMG 0049 IMG 0050 IMG 0074IMG 0075

S田さんの畑でできたジネンジョは短冊切りにして削り節をかけて食べるという。「ワサビがあれば最高なんだが」の声は「贅沢,ゼイタク」と即却下された。

IMG 0066 IMG 0071

モツ煮込みも急遽準備することになった。

IMG 0065

これらが出来上がったところで乾杯だ。

IMG 0078 IMG 0079

イカ焼き,鳥焼きそしてモツ焼きも始まる。

IMG 0082 IMG 0083 IMG 0112

イカゲソの海賊焼き(?)は絶妙の味だ。イモ煮にサツマイモご飯も堪らない。

IMG 0084 IMG 0088 IMG 0090

A山さんのムカゴの味噌焚は声も出ないほどの旨さだ。ホクホク感が何とも言えない。イカゲソ海賊焼きといい,このムカゴ味噌炊といい,ホカホカご飯に載せると…。もう筆舌に尽くせぬほどの…。

IMG 0093

とてもワンコインの参加料とは思えないほどのメニューに舌鼓が鳴り止まない。

IMG 0095 IMG 0094

交通安全協会の仕事を終えたK栗さんが登場して,収穫祭はますます盛り上がる。

IMG 0104

ここでA山夫人が藤弦と和服の布地でつくった行灯を披露した。「これを炭焼倶楽部の商品として売りだそう」という声も出るが,はてさてどれだけの値を付けたら良いのだろうか。

IMG 0110 IMG 0111

〆にこれでもか,とばかりにかき餅(青海苔,唐辛子入り)が提供される。これも旨い,旨い。

IMG 0113

鱈腹になったところで取り敢えずかたづけることに。

IMG 0114 IMG 0117 IMG 0118

雨が降りそうな空模様になったので三々五々と解散したが,A山さんS田さんらはまだまだ飲み足りないらしく炭火を囲んでいた。

 

 

 

 

written by Meisterköhler \\ tags:


Leave a Reply